"Project Jemini" ロゴをクリックすると ホームページ"Project Jemini"に、
"ぢぇみにのFreeTalk" 及び URL をクリックすると本Blogトップにジャンプします。


映画・書籍などをもろもろと...
by jemini-x
■ Calender ■
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

■ Jemini's Page ■
0029.タイトル長すぎー -The LEAGUE of Ectraotdinary Gentleman-
リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた戦い アルティメット・エディション
/ 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
ISBN : B00016BAI4
スコア選択: ※※※※

今回は19世紀末期の冒険、スリラー小説のヒーロー達が一同に会した冒険活劇、「The LEAGUE of Ectraotdinaru Gentleman」(邦題「リーグ オブ レジェンド 時空を超えた戦い」)をご紹介。
ってさ、せっかく邦題つけるときに長ったらしいタイトルを短くしたってのに、なんで余計な副題つけて長くするかね~?
おまけに、「時空」は超えていないと思います。はい。

さてさて、今回のお話は、
時は20世紀初頭。アフリカで余生を過ごしていた冒険家、アラン・クウォーターメイン(ショーン・コネリー)の元に一人の使者が訪れる。
目的は「超絶紳士同盟」にクウォーターメインを迎え、ヨーロッパ各地でテロを繰り返し、世界大戦を引き起こそうと目論む怪人ファントムの野望を打ち砕く事である。
しかし、「超絶紳士同盟」のメンバーも一癖ある者ばかりであった。
海賊とも目されるネモ船長。
女性吸血鬼、ハーカー。
透明人間、スキナー。
死なない男、グレイ。
薬を飲む事で凶暴な怪物へと変わるジキル。
そして飛び入りの青年スパイ、ソーヤー。
ファントムの真の目的は何か?信用おけない仲間達は結束できるのか?兎にも角にも、世にも奇妙なヒーロー達の冒険が始まった。

あの...最初に言っときます。
この映画、真剣に見ちゃ駄目よ。
だって、ネモ船長はインド人だし、ハイド氏はどちらかってぇと超人ハルクだし、トム・ソーヤは育っちゃってる。
おまけに高速移動可能な潜水艦、ノーチラスはもう散々。
「ぜってー水圧でぶっ壊れるぞ」、ってな船外装飾もスゴければ、水深を無視して巨大な船体をヴェニスの水路に突っ込むって発想もえげつない。
いえ...決してけなしてるんじゃありません。
こういう映画は、それで良いんです。だって原作がアメリカン・コミックなんだから。
もう、最高にぶっ飛んだ設定と、所々に見せる小ネタをニヤニヤ笑いながら見るのがいいんです。
だってぇ、英国諜報局長官らしい人物の名前は"M"だし(おなじみS.コネリー主演の007シリーズで、長官の名前が"M")、ファントムの正体はなんと"おなじみのアノ人物"だし、いやもう、言うことありません。
良い意味で、本当にクレイジーな作品です

で、「そんなお楽しみばっかりかなー?」と思って見ていると、結構役者さん達は真剣。
ショーン・コネリーが昔からどんなに真剣な作品でも、色物でも手を抜かないってのは知ってたけど、吸血鬼、ミナ・ハーカー役のペータ・ウィルソンもなかなか。
よし、今回の敢闘賞をあげよう。
ヒーローが多すぎるから見せ場は少ないんだけど、その限られた時間の中で、ヴァンパイアという特殊な悲哀とエロティシズムを持った怪物を上手く表現してました。

若干、文句を付けるなら、「ドリアン・グレイももう少しエロティックな表現した方が良くない?」ってのと、「ラストのロング・ショットはもう少し間を取って、映像技法を駆使して欲しかった」って2点かな?
でも、全体的に言えば合格点を余裕で超えちゃってます。
アメコミ原作でこれだけ面白く作れた映画って、初めてじゃない?
子供に帰って楽しめる1本ですね。
original text:2003/10/13

[PR]
# by jemini-x | 2004-09-02 23:55 | 0021~0030
0028.No Swet. Yes S.W.A.T.!! -S.W.A.T.-
S.W.A.T コレクターズ・エディション
/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ISBN : B0002T1ZGM
スコア選択: ※※※※※

Special Weapons And Tactics...... S.W.A.T.
人質立て籠もり等、急増する凶悪事件に対抗するため、ロサンゼルス市警に1972年創設された特殊部隊である。
その名の通り兵器・戦術のプロフェッショナルであり、市民を守るために組織された最強の部隊。それがS.W.A.T.なのである。

今回紹介の「S.W.A.T」は「ミッション:インポッシブル」や「チャーリーズ・エンジェル」などと同様に、TVドラマのリメイクとして映画化された作品...って「特別狙撃隊SWAT」(日本でのドラマのタイトル)なんて見たことねーよ!!
とは言え、「S.W.A.T」は公開前からしっかりとぢぇみにの心を捉えてしまった。
だってぇ。コリン・ファレルだぜぇ!いや、それよりも、サミュエル・L・ジャクソンだぜぇ!!
期待するな、って方が無理。

で、ストーリー。
LAPD(ロサンゼルス市警)のジム・ストリート(コリン・ファレル)は命令違反によりS.W.A.T.を除名になり、管理倉庫係に移されてはや6ヶ月が過ぎていた。
しかし、現場復帰したホンドー巡査部長(サミュエル・L・ジャクソン)が新たなS.W.A.T.チームのメンバーを招集、ジムもメンバーとして迎えられ、現場復帰を果たす。
ホンドー隊の最初のミッションは若き麻薬王の護送。
だが、押し寄せるマスコミの前で、最悪なことに麻薬王はこう宣言する「俺を逃がせば、1億ドルくれてやる!!」
世の中の善も悪も全て飲み込んだロサンゼルスにおいて、この言葉は「任務」を「悪夢」に変える呪文となって隊員たちに降りかかることになる...

ひとことに映画って言ってもその表現は様々なんだけど、「S.W.A.T.」はプロット(筋書き)で見せるタイプ。
アクション映画には割に多いパターンなんだけど、そういう映画を「深みがない」と敬遠する人も結構いるんだな。
でも、ぢぇみには好き。
コト細かに心理描写をするよりも、観ている側に想像する余裕を与えてくれるっていうか、押しつけがましさがなくて良いんですよね。
でも、この良さを引き出すには俳優の実力が必要なんですよね。当然、「S.W.A.T.」はココが凄いんです。

例えばコリン・ファレル。
勧善懲悪ストーリーの主役だけに逆に型にハマったキャラクターではあるんだけれども、そんな中でも
単に爽やかなだけじゃない、壊れてしまった友情への苦悩と、捨てきれないS.W.A.T.への情熱を上手く滲ませています。
例えばサミュエル・L・ジャクソン。
「ロングキス・グッドナイト」のあたふたした私立探偵、「交渉人」の悲壮な決意を背負った警官、どれをとっても確かにサミュエルなんだけど、どれも違う。
「S.W.A.T.」では頼れる上司であり、「過去に上層部とイザコザなんかが
あったんだろーなー」と臭わせつつも、そんな中で成長させたオヤジの広い背中を感じさせてくれます。
例えばミシェル・ロドリゲス。
ちょっとした暴力警官なんだけど、「男とか女とか、そんな事関係ない。ただ、誰にも負けたくないんだ。」って感じが伝わってきて、「過去の彼女に何があったんだろう?」と想像を膨らませます。
例えばLL・クール・J。
正直「何だよ、またラッパー出身か。ウィル・スミスみたいな格好つけ野郎か?」と侮っていたんだけどさにあらず。
決してエリートでは無いんだけれども、下町出身の熱血漢を好演しています。
そして...例えばオリヴィエ・マルティネス!!
わずか数シーンで若き麻薬王の狂気を印象づける演技力は、ただモノじゃないね。
本当にいるんだよなー、こーゆー奴。
一見、物腰柔らかで好印象なんだけど、その実スゴく冷酷で何考えてるか分かんない奴。
本国(フランス人という設定)、マフィアという世界の中でどのように育ってきたのか、ありありと想像できます。

いやホント、なかなかに魅せてくれます。
ただ残念なのは、今回は「S.W.A.T.結集!!」って事で訓練シーンなどが多く、任務としての見せ場がやや少なかった事かな?
実際には「ポイントマン」や「オムニマン」なんて役割がS.W.A.T.にはあるそうなんだけど、混乱の中でそういう役割が吹っ飛んでしまったのも、惜しい。
でもこの面白さ、絶対に「S.W.A.T.2」が作られて、そのあたりも埋めてくれるに違いない!!...と期待しとります。ハイ。
悪役の諸君!その日まで刮目して待ちなさい!!
original text:2003/10/06

[PR]
# by jemini-x | 2004-09-02 23:50 | 0021~0030
0027.魂はどこへ向かうのか? -音色七色-
ノマド・ソウル (SACD-Hybrid) (通常盤)
元ちとせ / ERJ
ISBN : B0000ACDSK
スコア選択: ※※※※※

今まで映画と本しか扱って来なかったんだけど、いきなり歌について話をしましょうか。
あー初めてなんでドキドキするなぁ。
今回めでたくご出場の元ちとせさんはbirdと同じぐらい、ぢぇみに の大好きな歌い手さんなんで、ちょっとご贔屓が過ぎたらごめんなさいね、っと。
(おっと、中島みゆき嬢は別格っすよ。彼女は歌い手というよりも、言葉を音を操る魔術師だからねぇ)

で、紹介しますは、音色七色。
作詞:HUSSY_R。
作曲・編曲:間宮工。
歌:元ちとせ。
アルバム「ノマド・ソウル」に収録の1曲です。(書いている当時は発売されたばかりのアルバム。さて、チャートはどうなりますか...)

元ちとせという人は、みなさんご存じ奄美民謡出身の歌い手さんで、独特のコブシを使った歌い方が他の歌手とは一線を画しています。
「クセが強い」感じの歌い方なので評価は分かれるんだろうね。
実は最初、ビデオクリップの一部分を見ただけの時は、ぢぇみにも「あー、またクセの強いのが出てきたなー」ぐらいにしか思って無かったっす。
いや、最近は減ってきたけど、あのころはビジュアル系バンドなんかで酷いビブラートを効かせるボーカルが結構多かったんだわ。で、そんな奴の一人かな、と思ってた。
びびったのは「ワダツミの木」をあらためて全編聞いたとき。
これは...違う
正直に思った。気に入った。

で、「音色七色」。
ちとせ嬢の曲としては珍しくビートの効いた曲で、おまけのパンフを見ると「私の歌う曲の音の並びでは無いものを作った」と作曲の間宮氏が持ってきたものだそうです。
だからこそ「ん?」とぢぇみにの耳にとまった。
同パンフで「やっぱり難しくて」なんて素直に認めちゃってるところが可愛いちとせ嬢ですが、彼女の凄いところはここから。
歌詞を見たちとせ嬢はこの曲は「自分のテーマソングのような感じが」したとのことで、どうしても歌いたくて、何度も歌って自分のものにしたそうです。
...うん、完成品は完全に"元ちとせの曲"になってます。
ぱちぱちぱちぃ~

いや、冗談に抜きにこの歌は良いっす。
大草原のなかで音が嵐のように吹き溢れている。
そこに一人あらわれた元ちとせが口を開き、その声を乗せることで音の嵐は何とも言えない秩序を生み出す...
なんて言うと物知り顔の屁理屈好きな哲学者みたいだけど、ホント、そんな感じ。
アルバム名の「ノマド・ソウル」ってのは「さすらい人の魂」みたいな意味らしい。
本当は同アルバムに「ウルガの丘」という曲があって、そのタイトルの候補として挙げられた言葉だそうです。
でも、むしろオイラは「音色七色」の方に「ノマド・ソウル」を感じた。
人生のさすらい人、草の生い茂る地を求める遊牧民のように歌を求め旅を続ける元ちとせ。
さて、振り返ってオイラは何を求めて人生の旅を続けますか...
愛かな?
original text:2003/09/05

[PR]
# by jemini-x | 2004-09-02 23:44 | 0021~0030
0026.おいしい映画生活 -英雄 HERO-
英雄 ~HERO~ スペシャルエディション
/ レントラックジャパン
ISBN : B00009RG46
スコア選択: ※※※※

時は紀元前200年。
無名(ジェット=リー)は、中原の覇者となりつつある秦の王、政(チェン=ダオミン)への謁見を許される。
無名は秦王をつけ狙う最強の3人の刺客、長空、残剣、飛雪を倒したという。そして、その証拠に彼らの武器を携えていた。
無名は秦王に求められるまま、刺客を抹殺した経緯を物語る。しかし、無明が語り終えたとき、秦王は落ち着き払ってこう語りかけた。
「お前は嘘をついている。お前は、私を見くびっている。」

始皇帝暗殺をテーマに、中国でもトップクラスの実力を誇るチャン=イーモウ監督が世に送り出した映画が、今回紹介の「英雄 -HERO-」。
主演は「無名」を演じるジェット=リーって事になってるんだけど、トニー・レオン演じる「残剣」の方が実は主役的かもね。
とにかくこのドラマ、トニー=レオンが「おいしい」とこほとんど持ってくんだわ。これが。
顔がハンサムなのは元々だから仕方ないとして、
剣を振るえばアホほど強いわ、
筆を持てばこれも境地に達してしまうわ、
おまけにマギー=チャン & チャン=ツイィーと2大美女から慕われる役だわ、
ストーリー上もすっごく格好いい役だわ、
おもわず「そんな奴ぁいねーよ!」と爆笑問題.田中風のつっこみでもかけたくなるぐらい、「おいしい」

現実の話をすれば、チャン=ツイィーもかなり「おいしい」よな。
いや、アクション映画のファンでなければそうも思わないかもしれないんだけど、あの、天下一武道会 (じゃないけど)の覇者、ジェット=リー様と立ち回りを演じるんだぜぇ!!
「臥虎藏龍 (グリーン ディスティニー)」ではミシェル=ヨーやチョウ・ユンファともやり合ってるし...うらやましすぎるぞ、この小娘!
おまけに、超ハンサムな("イケメン"なんて言葉は絶対に使ってやんないぞ)トニー=レオンとの濡れ場もあって、男女問わず嫉妬されるんじゃないか?これは。
闇夜を歩く時は背中に気をつけな、チャン。
...って言っておきながら、まあ、ずばぬけて可愛いから許す人が多いんだろうな。

男の嫉妬はみっともないってことで(じゃあ書くなよ)、本編に話を戻しましょう。
作品出来は、中国武侠映画という先入観だけで見に行けば印象はかなり違うかも。
監督が「あの子を探して」「初恋の来た道」のチャン=イーモウだ、との先入観だけでもやっぱり期待と印象は違う。
でも、うまく「中国武侠」の激しさとチャン=イーモウ作品の叙情性が融合されてるんだよね。...と思っていたら、チャン=イーモウ、武侠映画では無いものの結構激しい作品も作っていた事があるそうで、なるほど何処か手馴れている訳だ。
それでも、やっぱり心配してた事は起きてしまった。
あんたら、飛びすぎだよ。
まあ、「武侠映画は日本の仮面ライダーなんかと同じ感覚だよ」って言う人もいるらしいけどさ。
テーマが結構しっかりしてるだけに、やっぱり惜しいよな。

とはいうものの、主役(のハズ)の無名と、秦王のやりとりはハードボイルドっぽくて良いっす。
長空(ドニー・イェン)とのタイマン勝負も、然り。
ちょっと素直に表現しすぎてるキライはあるものの、色彩統一による表現も、美しい。
飛んでくる矢の量には、素直にぶったまげた。
いやー、映画って本当にいいですねぇ(誰だよ!!)
original text:2003/08/26

[PR]
# by jemini-x | 2004-09-02 23:38 | 0021~0030
0025.ダ・ダン・段田 男っ -TERMINATOR3 Rize of the Machines-
ターミネーター 3 プレミアム・エディション
/ ジェネオン エンタテインメント
ISBN : B00007G0LO
スコア選択: ※※※※

「T2」より12年。
「審判の日」はジョン=コナーを護るため送り込まれたサイボーグ、T-800の自己犠牲により回避された。
悪夢のシステム「スカイネット」は生み出されず、人類は新しい、平和な未来を歩いていた。
...はずだった。
しかし、ひっそりと暮らすジョン=コナーの元に新たなターミネーター「T-X」が送り込まれてきた。
そしてもう1台、T-800と同じ姿をしたターミネーター、「T-850」も!
またも標的とされたジョン=コナーと巻き込まれた獣医、ケイト。未来は一体どこへ向かうのか?

おまぬけな見出しを無視していきなりストーリー紹介(...になってない!!)を始めましたが、そう、今回は「T3」。
主演 アーノルド=シュワルツェネッガー。
監督は今回ジェームズ=キャメロンじゃないんだよね、ジョナサン=モストウ。
変わったと言えば、ジョン=コナー役も変わってニック=スタール。
「T2」のエドワード=ファーロングと全然印象が違うじゃん!!って思うんだけど、ストーリー上もかなり性格が異なる。
小生意気な性格が逆にカリスマとなって人を引きつけそうな「T2」コナーに対し、人目につかないように目立たず生きてきた「T3」コナーは内省的で、カリスマ的な印象は薄い。
でも、子供だとは言っても、何か「T2」コナーってちょっとばかしバカっぽいって言うか、「T3」コナーが率いる反乱軍の方が組織だってて、知的なんじゃないかと思うのはオイラだけ?
個人的には、ニック=スタールへの転向は正解だとおもいますねぇ。

ストーリーはねぇ...なかなか進まない。
追うT-X、振り払うT-850のシーンがかなり長すぎるかもしれない。
ってか、上映時間の8割ぐらいずーっとそれじゃない?
でも、なかなか進まないストーリーだけに、最後の「衝撃の結末」ってヤツには正直に衝撃を受けちまいましたね。
ただ、衝撃の結末だけに、結構評価は分かれるかもね。
オイラとしては「アリ」な結末だけど。
「なんだよそれーっ」っと言われても、ちょーーっとこれは話の核に触れちゃうんで、ネタ晴らしできないのが苦しいなぁ。
まあ、ヒントとしては「マウント・ウェザー」って言っておきましょうか。(場所は違うのかな?)
...マウント・ウェザーを知らない人には余計に謎か。まあ、勝手に色々と想像してくださいな。
悶々とするのがイヤなら、いざ劇場へ!(ってオイラは何かの回し者か?)

最後はやっぱりアクションの評価をしておきましょうか。
やっぱりこの映画の中では「T-X vs T-850の肉弾戦」が良いっす。
ってか、カーチェイスや銃撃戦はいまいちかなー?
いや、でも肉弾戦は本当にいいぞ。
なんたって今回シュワちゃんターミネーターに対するのは女性型ターミネータ。
演じるクリスタナ=ローケンはその美貌に似合わず身の丈181cmと長身。
シュワちゃんは189cmとそれよりまだおっきいけど、それでもこれだけあれば見劣りしてません。
で、そんな2人が便所の壁を突き破り、便器に叩きつけ、とにかく「テクニックうっ?んなもん知るかぁっ!!」ってな感じでとにかくゴリゴリの力押しで無表情にケンカしまくるんだから、もう、めちゃくちゃ異様な世界。
口ばっかり達者で、クサイ試合ばかりしてる日本のプロレスラー達にもゼヒ見習ってもらいたいものです。
まあ、プロレスの話はともかくとして、「This is the POWER!!」って言える格闘シーンです。

ところでシュワちゃんにお願い。「T4」の際には是非とも「あのサングラスで最後まで演じてね」(見てない人には謎)
original text:2003/07/20

[PR]
# by jemini-x | 2004-09-02 23:33 | 0021~0030