"Project Jemini" ロゴをクリックすると ホームページ"Project Jemini"に、
"ぢぇみにのFreeTalk" 及び URL をクリックすると本Blogトップにジャンプします。


映画・書籍などをもろもろと...
by jemini-x
■ Calender ■
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

■ Jemini's Page ■
カテゴリ:0011~0020( 10 )
0020.イカルスってネーミングは、ねぇ -007 DIE ANOTHER DAY-
007 / ダイ・アナザー・デイ
/ 20世紀フォックスホームエンターテイメント
ISBN : B00007G0LP
スコア選択: ※※※※

アクション映画の紹介が続きますが、まあ我慢してやってください。
って事で、今回は映画化40周年・20作品目を数える「007 DIE ANOTHER DAY」。
監督はリー・タマホリ。(変わった名字、と思ったらマオリ族の血を引くらしい。)
主演は言わずもがなの5代目ボンド、ピアーズ・ブロスナン
ボンドガールはアカデミー女優のハル・ベリー

ストーリーの紹介は今回は無しにしましょう。何てったって007。んなもの抜きにして話すことはいっぱいあります。

ファンには周知の事実なんだけど、ボンド映画ってのは結構制約の多い映画なんだよね。
  • 銃口のような丸い穴からジェームスボンドが登場、こちらに向けて銃を撃つと画面が赤く染まる
  • オープニングには派手なアクションが繰り広げられる
  • 続いてコラージュによるオープニングのイメージムービーが挿入される
  • 秘密兵器満載のボンドカーによるアクションシーンがある
  • 兵器開発者のQ、秘書のマネーペニー、そしてボンドガールが必ず登場する
  • 敵に自己紹介する際の台詞は、かならず「Bond...(少し間をおく)...James Bond」
  • 劇中、絶対にどこかで「ジェームス・ボンドのテーマ」が挿入される
  • ラストはボンドガールとのラブラブ・シーンで締めっ!!
etc.etc...


まあ、まるで脚本家や演出家イジメなんじゃないかと思うぐらいの制約なんだけど、これが007の一般常識。
誰が決めたってんじゃなくて、第2作目ぐらいから徐々にそういう風になってきたらしい。
しかし、リー・タマホリ監督、そこをやってくれました。
これらのルールを守りながら、ところどころでルールを崩す事でオリジナリティを出してます。
またその「崩し方」ってのがかなりきわどい。
きわどいけど、ぎりぎりセーフの領域なんですよ、これが。
「M:I 2」でジョン・ウー監督も同様の事を試みたんだけど、崩しすぎた感が強いんだよなー。
だから、作品としては成功だったけど、「Mission:Impossible(スパイ大作戦)」では無くなってしまった。
それと比べ、リー・タマホリはより伝統的で制約の強い「007」でやっちまったんだから、すごいもんだ。
最後のマネーペニーのシーンなんか素晴らしい!!「え?ルール違反じゃん!」と思わせる展開から...ぐふふふふ~

おまけに今回は40周年記念作品と言うこともあって、過去の007シリーズへのオマージュがたっぷりなんだそうで...
たとえばジンクス(ハル・ベリー)の登場シーンは記念すべき第1作「Dr.NO」でのシーンと...確かに同じ!!
Qの研修室で暴れ回ったあの機械は「MOONRAKER」だったかなぁ...?
いや、もう、ぢぇみには頭がクラクラしちゃいました。

ふう。一息ついて、各キャラクターについて見てみましょう。
ピアーズ・ブロスナンのボンドっぷりはあらためて言う必要はなさそうなので、ゲストキャラね。
ジンクス(ハル・ベリー)。とにかくスタイルが良い!!アクションも格好いい!!(スタントだろうけどね)
ぢぇみにの好みから言うと、胸は小振りでも良かったんだけど(...ってこのドスケベ!!) いやスケベじゃなくてね、アクションシーンを演じる女性は少し体型がボーイッシュな方が様になるというですねぇ...言い訳か(苦)。
かなり自信過剰で、小生意気で...アメリカ人はこの手の女性が好きですなぁ。
「TOMB RADER」のアンジェリーナ・ジョリーも性格といい、豊かな胸といい、同じタイプ。
で、何とジンクスが主役となる映画作成の話も浮上しているそうな。実現すれば「007」初の番外編映画化。
実現するなら、「TOMORROW NEVER DIES」のウェイ・リン(ミシェル・ヨー)がゲスト出演して欲しいな。

で、キャラクターに戻って悪役ではウィル・ユン・リー演じるムーン大佐が秀逸。
ストレス解消方法もさることながら、火炎放射器をぶっ放すときの表情が最高!!
思いっきり、力に酔いしれる馬鹿息子。素晴らしいキレっぷりです。
ハナマルあげちゃいます。
比べてグスタフ役のトビー・スティーヴンス。少しキレ足りません。
もう少しがんばりましょう。

まあほめすぎるのも何なんで、最後にちょっとだけ不満な点をふたつ。
まず一つ。
最近の映画は撮影技術やCGの発達で何でも出来ちゃう。
それが逆に映画でのアクションシーンの安易さを生んでしまったのも確か。
この映画でも氷壁からの脱出シーンはちょっと安っぽさを感じたっす。
二つ目。
「あの国」のネーミングセンスって「労働一号」とか、そんなんじゃん。「イカルス」は無いよなー。
やっぱり、ここは「革命的溶鉱炉」とか...
original text:2003/03/13

[PR]
by jemini-x | 2004-09-02 22:08 | 0011~0020
0019.何故おしりに口座番号が? -THE BOURNE IDENTITY-
ボーン・アイデンティティー
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
ISBN : B00007G0LR
スコア選択: ※※※※※

「レオナルド・デカプリオ」と「ジミー大西」は似ている?
「んな、馬鹿な!!」とのご批判は甘んじて受けます。
でも、この2人に「似ている」と言われるハリウッドスターが実際にいるんです。
そう、それが今回紹介の「THE BOURNE IDENTITY」主演、マット・デーモン。
...って、作品自体はレオ様ともジミーちゃんとも関係が無いんですけどね。
すんません、単なるツカミです。

監督はダグ・リーマン。リーマンって言ってもサラリーマンとは関係ない。当たり前か。
共演のフランカ・ポテンテは結構美人っていうか可愛い人だなーと思ってたんだけど、手元のパンフによると、実は、あの強烈な印象を残す名作(迷作?)「ラン・ローラ・ラン」の主演女優さんだそうで...気付かなんだ。

お話の方はって言うと、マット・デーモン演じる男が銃弾を浴び、記憶喪失になって海で発見される所から始まる。
唯一の手がかりは男の体内に埋め込まれた金属が映し出すスイス銀行の口座番号。
男が銀行の貸金庫から預けていたものには、パスポートが含まれていた。
「ジェイソン・ボーン」
そうか、これが俺の名前か...
しかし、そこで安堵は出来なかった。他に、5通のパスポートがあったのだ。
いずれも自分の写真が映り、何故か別々の名が記載されている!!
自分は、何者だ?...混乱する男。
そしてその時、男のあずかり知らぬ所で彼を抹殺しようと組織が動き始めたことを、男は知るよしもなかった。

いや、この映画は「格好いい」と言って良いのか、「笑える」と言って良いのか、判断に苦しむねぇ。
何と言ってもマットの演じるジェイソン・ボーンがめちゃ強いのである。圧倒的なまでに。
強いんだけど、演じてるのが「プライベート・ライアン」「オーシャンズ11」のマット・デーモンなんである。
つまり、なんとなく「青っちょろい」とか、「悩める若者」という雰囲気のよく似合う、マットなんである。
この作品でも「自分は誰なんだ」って悩みまくっている。
強さと、青っちょろさのギャップが激しすぎて、格好いいんだけど、何となく笑えてしょうがない。
分かるかなー?この感覚。

いや、悪いって言ってるんじゃなくて、この奇妙な感覚が楽しいんですわ。この映画は。
フランカ・ポテンテ演じるマリー・クルーツもなかなか飄々とした感じで好印象。
「自宅」での、本格的格闘技風の格闘シーンや、パリ市外をミニ・クーパーでかけぬけるカーチェイス等、アクションシーンも上出来で点数高いっす。

あとあんまり映画では評論されない部分だけど、スタッフロールがなかなかオシャレでした。
素直に三つ星あげて良いんじゃ無いかな?
少なくともキャラクターは、クソ生意気な「トリプルX」よりも格段に好印象ですな。日本人的に。

で、何で尻に埋めこんでたの?
original text:2003/01/29

[PR]
by jemini-x | 2004-09-02 21:58 | 0011~0020
0018.強すぎるよ、あんた -Kiss of the Dragon-
キス・オブ・ザ・ドラゴン
/ パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
ISBN : B0001WTU3U
スコア選択: ※※※※※

「ロミオ・マスト・ダイ」でやってくれたジェット・リーがまたまたやってくれました!!ってな感じのアクションムービーを今回は紹介。
そのタイトルからしてカッコいいという、「Kiss of the Dragon」。
主演:ジェット・リー
監督:クリス・ナオン
監督名言うよりも脚本を言った方が価値があるかな?リュック・ベッソン & ロバート・マーク・ケイメン。

国際的な麻薬組織を追ってフランスへやってきたリュウ(ジェット・リー)は中国で最も優秀な警察官。
しかし、リュウは彼を受け入れたリチャード捜査官(チェッキー・カーリョ)にハメられて殺人の汚名を着せられる。
追っ手を振り払いつつ潜伏するリュウは、自分同様リチャードに利用された娼婦、ジェシカ(ブリジット・フォンダ)と出会う。
リュウの協力要請をジェシカは頑なに拒絶する。ジェシカは娘を人質に取られているのだ。
身の潔白を晴らすため、そしてジェシカの娘を救出するため、リュウは反撃を開始する...

いやー、さすがリュック・ベッソン脚本。ストレートなお話だわ。
悪く言えば相変わらずヒネリが無い(苦)
批判じゃなくてね、いいんですよ、彼の作品はそれで。
アクションの冴えを際だたせるには、変に凝らない方がかえって良いんです。いやほんと。
今回は「ロミオ ~」と違ってワイヤー・アクションが控えめで、ジェットの生身の動きが堪能できます。
見せ場も「ホテル」「船上」「エビチップス屋(!?)」「孤児院」「警察署」と、よく考えると映画全体がほとんど乱闘で成り立っているような...。
特に警察署の道場での乱闘は良いね。侵入者に対して何の警告も無しに襲いかかる警官達が何とも(笑)。
とにかくジェットの格好良さを味わうべし。

そうそう、チェッキー・カーリョの悪役っぷりもなかなか素晴らしいっす。

逃走したリュウ(ジェット・リー)を必死で探すパリ市警(悪役)達のシーン

「チャイナタウンは探したのか?」
「我々では(白人なので)目立って警戒されてしまいます」
「だったらカツラかぶって、着物着て行け!手段を選ぶな!!」


カツラに着物って...余計目立つってば、このおやぢはよぉ!!
むやみやたらと銃は撃つし、
勝手に人に出所不明のあだ名は付けるし、
ペットはカメだし...
わけわかんねーよ、アンタ。
いや、冗談じゃ無しに気に入った。
映画史上でも10本の指に入れて良いぐらいの、キレた悪役っす。

ところで最後に、ラストでのアレって、やっぱり「北斗の拳」の影響だよねぇ?
恐るべし、ジャパニメーション。
original text:2003/01/13

[PR]
by jemini-x | 2004-09-02 21:52 | 0011~0020
0017.先生、あれなんですか? -The Nightmare Before Christmas-
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス
/ ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテインメント
ISBN : B00006LSZ3
スコア選択: ※※※※※

...と、分かりづらいタイトルのネタはおいといて、クリスマスの定番アニメと言えば?
「Snow Man」!!
ん~、まあそれもそうなんだけど、もう一つ忘れちゃぁいませんか?!
そう、クリスマス定番アニメの2代巨頭のひとつ、「The Nightmare Before Christmas」を紹介。!
まだ見たことの無い人は要チェック。

「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」は」「シザー・ハンズ」のティム・バートンが送る(原案・キャラクター設定)、コメディ・ホラータッチのパペット・アニメ・ミュージカル。
...って片仮名ばっかりだな。
とにかくもう、ここまでグロなのに可愛くて、シュールなアニメってのは後にも先にも無いんじゃないだろうか?

1年中、ハロウィンの事ばかり考えているモンスター達の街がありました。
その街のヒーロー、ジャックはある日1年中クリスマスの世界に迷い込んでしまいます。
クリスマスを知らなかったジャックは衝撃を受け、今年のクリスマスを自分たちでやろうと画策するのですが...
と、ストーリーはこんな感じ。

とにかくもう、出てくるモンスター達の発想がシュールでナイス。
まあ、仕方ないんだよね。
クリスマスをやろうと言い出したジャック自体、クリスマスがよく分かってない。
オマケに協力者は、人を驚かせ、怖がらせ、悲鳴をあげさせることしか元々考えた事のない住人達なんだから。
「シザー・ハンズ」でもそうだったけど、このアニメに出てくる異形のモンスター達も悪意がないのが印象的。
でも、完全にこっちのキャラたちの発想は...ズレてる
そのズレが楽しくもあり、その後訪れる破局を予想させて、何処かもの悲しさも感じさせます。

登場人物や背景はディテールまで細かく作製されている上、なかなかに幻想的。
ミュージカルになってるから
今でもキャラクターグッズがUFOキャッチャーで出されたりしているという人気も、うなずけます。
グロ、って言ってもそれっぽいだけで、本当にグロテスクなシーンは全然無いから女の子ウケもいいんじゃないかな?
2,500円とDVDはかなりお安くなってるので、好きな人と一緒に見るってのもいいかも

ちなみに、悪ガキ3人が間違えて捕まえてきたウサギは「イースター・タウン」の住人らしい。
でも、イースター(復活祭)ってウサギと関係あるんだっけ?(卵は分かるんだけど...)
original text:2002.12.23

[PR]
by jemini-x | 2004-09-02 21:46 | 0011~0020
0016.オイラも、逃げるっ! -MINORITY REPORT-
マイノリティ・リポート 特別編
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ISBN : B00006CTJN
スコア選択: ※※※※

殺人事件の年間発生数、0件。
「映像の神様」スティーブン・スピルバーグと、「文句のない2枚目」トム・クルーズによる「MINORITY REPORT」はそんな究極の未来を扱った作品。

2054年、3人の予知能力者を主軸とする犯罪予知システムにより、ワシントンD.C.の殺人事件の発生件数は0件となっていた。
ジョン・アンダートン(トム・クルーズ)は未然に殺人事件が発生する前に犯人を「未来殺人罪」によって捕まえる、犯罪予防局のチーフである。
いつものように予知能力者が導き出した殺人事件を分析していたジョンは、意外な事実に直面する。
36時間後、発生する殺人事件の犯人が「自分自身」であるというのだ。
ジョンの、当局からの「逃亡」と、真実を「追跡」するための旅が始まった。

まあ、文句のつけようは、あります。
殺人事件が未然に防がれてるんだから、捕まる時の容疑は「未来殺人罪」じゃなくて、「殺人未遂」でねーの?
とか、
大体予言で未来の殺人事件が起こらなくなってるんだから、その予言は自己矛盾してねーか?
とかね。
まあでも、そんなこと考えてるようじゃ、SFを見る資格はないっすね。
なかなか楽しい映画でしたよ。

SFからアクションへ、アクションからサスペンスへ、話が移り変わっていくのが結構珍しい展開。
特に印象的だったのは司法省の調査官、ウィットワー(コリン・ファレル)のセリフ。
「システムの問題というのは、いつもシステムそのものに問題があるのではなく、人間に問題があるんだ」
これは、名言です。
「いつも」って言うのは言い過ぎにしても、あまり多くの人に意識されていない事実ですね。
この作品でも、このセリフは話の核心を突いているんだけど...実は他の登場人物にほとんど影響を与えていないんっすよね。
しかも、ウィットワーはこの後逃亡するジョンを追いつつも独力で真実にたどり着く格好いい役所と思っていたら、パンフレットを読むと、演じていたファレル自信が「生意気な気取り屋」と評していたり、悪人扱いされてるっ!!(驚)
何でぇ?ウィットワーが格好いいと思ったオイラは、悪人なの???
まあ、いいや。悪人でも。(苦笑)
主役のトム・クルーズも格好いいけど、悪役(?)のコリン・ファレルにも注目の映画です!!

しかし「サイコドクター」だの、「転がる目玉」だの、スピルバーグも相変わらず悪趣味なギャグが好きね。
いい歳こいて。
original text:2002/12/23

[PR]
by jemini-x | 2004-09-02 21:42 | 0011~0020
0015.音・耳・脳...そして、芸術へ -絶対音感-
絶対音感
最相 葉月 / 小学館
ISBN : 4094030662
スコア選択: ※※※※

「絶対音感」(最相葉月 著 小学館)は第4回小学館ノンフィクション大賞受賞作に加筆・訂正を加えた本。
テーマが「音」というかなり身近なものだけあって、かなり、考えさせられます。

「絶対音感」って言うのは、「ランダムに提示された音の名前、つまり音名が言える能力。」との事。
有名なところでは雨垂れの音が「シのフラット」だの、ワイングラスのかち合う音が「レ」だの、「ドレミ」でいろいろな音を言い当てる能力なんかが、コレに当たるらしい。
著名なミュージシャンの何人かがこの驚異の能力を持っていることが知られており、「音楽家へのパスポート」と考えて自分の子供を「絶対音感教育」を行う音楽教室に通わせる人もいるらしい。
しかし、それだけを捉えずに、最相氏はクールにこの才能について取材していく。
というのも、当の音楽家達は、絶対音感があることは便利だが、時には不便な事もあり、音楽的才能を決定付けるものではない、と考えているらしい。
例えば通常のピアノの調律と、オーケストラの調律で、基準となる「レ」の音の周波数が僅かに異なる。
一般人は全く気付かないその違いが、絶対音感のあるバイオリニストの勘を狂わせ上手く演奏できなくなる、そんな事もあると言うのだ。
では、「絶対音感」とは、そして「音楽的な才能」とは何なのか?
最相氏は科学的考察、歴史的追跡を進めて行く。

オイラなりの言葉で読みとった事を説明するとこんな感じ。
要は、「絶対音感」とは音の認識をドレミの音階に合わせてデジタルに認識する能力らしい。
例えば、大概の人は物事の程度を認識する際、モノサシやハカリを使わなくても「大体10cmぐらいの大きさ」「大体500グラムぐらいの重さ」と「大体で」判断できる。
それは、頭の中にモノサシやハカリをもっているからだが、「絶対音感」を持つ人はこの頭の中にある音のモノサシが非常で、西洋のドレミ...の音階をベースにズレが生じないらしいのだ。
まあ、結論から言うと利点あり・欠点ありのどっちつかずの能力らしいのだけれど、この「絶対音感」に「相対音感」能力を加えるとかなり音楽的感性にはプラスになるようだ。
(コチラは音の変化をアナログに捉える能力。変調を行った際にはこの力が働くと、スムーズに音の変化についていける。)

とにかく、「へえー」と思う記事の連続で、なかなかお勉強になります。
取材対象への客観性もかなり高いレベルで保たれていて、ノンフィクションのお手本にしたい作品です。

ところで、さすがにオイラは「絶対音感」みたいにハイ・レベルの音の聞き分けは出来ない。
でも、小さな頃、多少ピアノをやった経験があるから少しは「音取り」ができるんです。
そこで、無粋ではありますが、思う事が1点。
千里セルシーで夜な夜な歌っているストリート・ミュージシャン気取りの2人組の君たち。
人前に出て歌うからには、「不協和音」でハモらないでくださいね。
不協和音だけは、どうにも気持ち悪いんだわ、これが。
original text:2002.10.20

[PR]
by jemini-x | 2004-09-02 21:37 | 0011~0020
0014.君はリー・リンチェイを知ってるか? -ROMEO MUST DIE-
ロミオ・マスト・ダイ 特別版
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
ISBN : B00006585C
スコア選択: ※※※※

久しぶりの映画レビューは、ROMEO MUST DIE。

ぢぇみにがまだ子供の頃、「少林寺」「少林寺2」「阿羅漢」に出演していた彼は、実力派カンフースターだった。
「暫く顔を見ないなー」と思っていると、彼は「ワンス・アポンナ・タイム・イン・チャイナ」でワイヤーアクションばりばりの、武侠映画スターとなっていた。
そして、何故に?とびっくりした「リーサルウェポン4」を経て、彼はワーナーブラザーズ配給の映画で主演を張っていた。
いや、「ジャッキーの方が先を行っている」と思ってたオイラは超びっくり!!

監督はアンジェイ・バートコウィアク。
主演はもちろん、ジェット・リー。
舞台は現代。チャイニーズマフィアと黒人マフィアの対立を背景にストーリーは展開していく。
当然タイトル中の「ROMEO」はリーの事を暗示しているんだけど、文字通り彼が死んでしまうのかどうかは、見てのお楽しみ。

正直な話、公開当時から強調していたVFXは、まあどおってこと無い。
アンジェイ・バートコウィアクも監督がこれが初めてということで、やや全体に大作りで統一性に欠ける感じもします。
(マジな部分とコメディタッチな部分が極端に交錯しすぎだし...)
でも、部品部品を取ってみれば大したモノ。
スタイリッシュなオープニング。
意外としっかりと書き込まれた展開。
ジェットのアクションもなかなか。
でもさー。ジェット・リーって基本的にワイヤー使わない方が格好良くない?
だって4回も武術大会で中国一の座に輝いた男だぜぇ。しなやかな体から生み出されるアクションはそれだけで芸術でしょ。
素材が良い食べ物には変に調味料を使わない方が良いってのと同じ事。

...とまあ、文句は垂れてみたものの、やっぱりアクションシーンは見物。
特にアパート階段から外に出るまでの乱戦や、倉庫でのホース・アクションはホント、楽しめます。
(ぢぇみにはこのシーンだけDVDで繰り返し見ました。)
この辺り、正統派カンフーっぽい動きで好きだわー。
悪いけど、セリフだけ格好良くて、あとは鉄砲打ちまくりぃぐらいしか能のない白人スターにはこんな見せ場は作れません。
実際、「リーサルウェポン4」での結末は、メル・ギブソンの事を「卑怯だ!!」って思ったもんね。オイラは。

それに、途中で見せるジェットの銃に対するこだわりが良いっすね。
敵から取り上げた拳銃を、タマだけ抜いてゴミ箱に捨てちゃうんです。
素晴らしい。
鉄砲もちゃ、誰だって強いもんね。強い男の条件は、そんなおもちゃを振り回さないってことだね。うん。
そしてジェット・リーの格好良さは「キス・オブ・ザ・ドラゴン」に続く訳だけど、それはまたの講釈で...

ところで、「ROMEO MUST DIE」ってのは劇中にも出てくるセリフなんだけど、これは訳すのが難しいだろうなー。
ジェットに向かって悪役が拳銃を突きつけながら吐くセリフで、「色男(ロミオ)は死ね!!」っとか訳してたけど、直訳っぽく「ロミオは死ななきゃならねーんだよ!!」ってした方が良いかもしんない。
「テメェはロミオとジュリエットを演じてるつもりかもしらねぇが、ロミオってのは最後には死んじまうんだよ、バーカ。テメェもロミオみたく死ねっ!!」
ってのが悪役の心境だからね。ってホントにこう書くとくどいしなぁ。

最後に、ヒロイン役のアリーヤですが、この作品の撮影後「マトリックス2」(後に、「マトリックス リローデッド」と名称が判明)への出演が決まっていたにもかかわらず、飛行機事故で22歳の人生を終えてしまいました。
歌手として、役者として、これからもっと油ののる時期であったと思われるだけに、残念で仕方がありません。
original text:2002/09/22

[PR]
by jemini-x | 2004-09-02 21:32 | 0011~0020
0013.実験...か? -女子中学生の小さな大発見-
女子中学生の小さな大発見
清 邦彦 / 新潮社
ISBN : 4101317313
スコア選択: ※※※※※

まずは、下の一文をごらんあれ。

「Sさんはネコは本当に1日20時間も寝るのか調べました。18時間20分寝てました。」

出典は「女子中学生の小さな大発見」(清 邦彦 著 新潮社)。
とある女子中学校の理科の先生が、生徒達が行った実験・観察の小レポートを1文程度にまとめたのがこの本。
他にも、タンポポの綿毛の本数を数えたり(すごい根性だ)、虫眼鏡で犬の糞を燃やしたり、睡眠時間が何時間以下だと目の下のクマが出来るか調べたり...
とにかく中学生らしいというか何というか...いい意味で言うと常識に捕らわれない、悪く言うとかなり「おばか」なレポートが満載!!
ぢぇみには電車の中でこれを読んでて、笑い声を抑えるのに必死になってました
こういうの、好きだわ~
さらにこういうバカバカしい発想の中から、所々すごい発見が生まれてるのがすごい。
2枚貝の模様の対象性を調べてみたり、醤油が冷凍庫では凍らないことを発見したり...

で、中学生の突拍子もない発想に笑いながらも、真剣な話この本には感動を覚えます。
最近の子供って、マセてて、妙に冷めてて、学校の先生のコトなんか小馬鹿にしてるようなイメージってありません?
でも、この本を読んで、「そうでもないんだな~」って真剣に思いました。
「物事に素直に感動する力は、まだ子供達から失われてないんだな」って。
「なんだかんだ言っても、これならまだまだ、日本はイケるぞ」って。
なんか、おじさんはホント笑いながらも嬉しくなってしまったゾ。うん。

ガンバレ、日本のガキども~!!
original text:2002/08/18

[PR]
by jemini-x | 2004-09-02 21:24 | 0011~0020
0012.愛すべき博学な...クソおやじ -恥ずかしいけど、やっぱり聞きたい-
こんなこと、だれに聞いたらいいの?―興味本位で何が悪い的雑学Q&A大全 快答乱麻の巻
セシル アダムズ Cecil Adams 春日井 晶子 / 早川書房
ISBN : 4150502552
スコア選択: ※※※※※
こんなこと、だれに聞いたらいいの?―日常生活を笑わすQ&A大全 疑心暗鬼の巻
セシル アダムズ Cecil Adams 春日井 晶子 / 早川書房
ISBN : 4150502528
スコア選択: ※※※※※
恥ずかしいけど、やっぱり聞きたい―禁断の領域に踏みこむ雑学Q&A大全
セシル アダムズ Cecil Adams 春日井 晶子 / 早川書房
ISBN : 4150502625
スコア選択: ※※※※※

いわゆる、雑学本というのは世間に何冊でもあります。
しかし、その中で異彩を放っているのがセシル・アダムスの「Straight Dope」ものですね。
ここでは「恥ずかしいけど、やっぱり聞きたい 禁断の領域に踏み込む雑学Q&A大全」(セシル・アダムズ 著 春日井晶子 訳 早川書房)をご紹介。

Straight Dopeとは、シカゴ・リーダーズというアメリカの週刊誌に掲載されているQ&A形式のコラムのタイトルで、「正真正銘、正しい答え」の意。
「どんな質問にでも、正しい答えを返してやる」というコラムの姿勢を反映して、とにかく、「Straight Dope」に寄せられる質問は、「濃い」。

「粘土を食べても大丈夫ですか?」
「蚊に吸われた時に筋肉を収縮させると、口が抜けなくなって爆発するって本当ですか?」

...いやホント、書いてるだけで、ちょっと脱力しそうな質問の数々。(真面目な質問もあるけど...)
こんな質問に嫌みたっぷりに、でも真面目に回答を返しちゃっているのが、愛すべきセシル・アダムスおじさんです。
質問も変なものが多いけど、何しろセシルの対応の方も凄い。
ちょっと引用してみましょう。

「セオドア君、だれにでも長所はあるものです。たとえ君のような社会のお荷物にもね。」
「この三ヶ月であなたからの質問は二二個目です。数ではなく、質を重視しましょう。ここは紙捨て場ではありません。」
(ネット上の読者連からの掲示に対して)「AOLには何でも掲載されるので、ときどき目の前の文字がスペルミスなのかエスペラント語なのか分からなくなります。」

もう、ボロクソ。これでも送られてくる質問は絶えない、ってんだから、異様な世界です。

特に、「恥ずかしいけど、やっぱり聞きたい」では「EFO」の話が盛り上がっていますね。
「UFO」じゃないのかって?いいえ、「EFO」で合ってます。
「爆発する飛行物体(Explosional Flying Object、かな?)」の意。
上に挙げた「爆発する蚊」の他に「米を食べて爆発する鳩」とかね。
こういう馬鹿馬鹿しい(でも真面目な)話って、ぢぇみにのお気に入りっす。いや、ホント楽しいわ。

ちなみに日本版「Straight Dope」本の挿絵は映画評論イラストでおなじみ三留まゆみ嬢。
いやー、この人のイラスト、好きだわ~。
真ん中にどで~んとメインのイラストを配置。(これだけだったら、かなりシンプルでキレイ)
でもって、まわりにぐちゃぐちゃ~、っていろんなコメントを小うるさく書くのが特徴。
なんか、おもちゃ箱をぶちまけたようなにぎやかな絵で、見てるだけで楽しい。

もいっこちなみに、日本版「Straight Dope」の第1巻「こんなこと、だれに聞いたらいいの?」で翻訳した春日井晶子さんを悩ませた謎の言葉があります。

「五本指のメアリーに頼む」

これは「精子バンクのドナーからどうやって精子を集めるのか?」という質問の回答。
...おバカな男性諸君は「五本指のメアリー」が何なのか、もうおわかりですね。
ほんっと、セシルってば、お茶目なクソおやじですね~。
「五本指のメアリーが何か分からなかった」ってネタにしちゃう春日井さんも大概だけど...。
original text:2002/08/04

[PR]
by jemini-x | 2004-09-02 21:20 | 0011~0020
0011.四角い恐怖へようこそ -CUBE-
CUBE ファイナル・エディション
/ ポニーキャニオン
ISBN : B0000DJWJE
スコア選択: ※※※※※

今回はカルト・ムービーの決定版、CUBEをどうぞ!!

前後左右、上下に扉を持つ、立方体の部屋。
そして、それが17,576部屋集まった巨大な建造物。
それがCUBE
そこに閉じこめられた6人の男女が、随所に仕掛けられた死の罠を避けてCUBEから抜け出そうとする。
...それが、CUBE。
手がかりは部屋の「継ぎ目」に記された3桁×3つの数字のみ。
しかし、真の恐怖はCUBEに仕掛けられた罠では無かった...

「ポセイドン・アドベンチャー」を表の名作と位置づけるとすると、「CUBE」は裏の名作と言って良いだろう。
そう評価したくなるほど「CUBE」は怪作である。
スプラッタ映画ばりの特撮シーンもあるんだけれど、むしろソレは監督の見せたいところではない。
(話の前の方にかたまって撮られているからね...)
恐怖は視覚的なものから、心理的なものへと移行していく。
いや、「恐怖」ではない。
これは...この感覚は一体何なんだ???
極限状態に置かれた人間のドラマでありながら、「ポセイドン・アドベンチャー」とは全く逆の方向に話は進んで行く。
あくまでもシニカルに、あくまでも絶望的に...

「CUBE」は小劇場で公開された、いわゆる「話題作」では無かった作品。
噂が噂を呼び、ぢぇみにの所まで届き、今またここで ぢぇみに が噂を広めようとしている。
決してその結末は「観客を満足させるもの」とは言えないかもしれません。
それでもなお、言っておきましょう。
損はさせない。一度観るべし。
いやほんと。
original text:2002/07/26

[PR]
by jemini-x | 2004-09-02 06:31 | 0011~0020