"Project Jemini" ロゴをクリックすると ホームページ"Project Jemini"に、
"ぢぇみにのFreeTalk" 及び URL をクリックすると本Blogトップにジャンプします。


映画・書籍などをもろもろと...
by jemini-x
■ Calender ■
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

■ Jemini's Page ■
0014.君はリー・リンチェイを知ってるか? -ROMEO MUST DIE-
ロミオ・マスト・ダイ 特別版
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
ISBN : B00006585C
スコア選択: ※※※※

久しぶりの映画レビューは、ROMEO MUST DIE。

ぢぇみにがまだ子供の頃、「少林寺」「少林寺2」「阿羅漢」に出演していた彼は、実力派カンフースターだった。
「暫く顔を見ないなー」と思っていると、彼は「ワンス・アポンナ・タイム・イン・チャイナ」でワイヤーアクションばりばりの、武侠映画スターとなっていた。
そして、何故に?とびっくりした「リーサルウェポン4」を経て、彼はワーナーブラザーズ配給の映画で主演を張っていた。
いや、「ジャッキーの方が先を行っている」と思ってたオイラは超びっくり!!

監督はアンジェイ・バートコウィアク。
主演はもちろん、ジェット・リー。
舞台は現代。チャイニーズマフィアと黒人マフィアの対立を背景にストーリーは展開していく。
当然タイトル中の「ROMEO」はリーの事を暗示しているんだけど、文字通り彼が死んでしまうのかどうかは、見てのお楽しみ。

正直な話、公開当時から強調していたVFXは、まあどおってこと無い。
アンジェイ・バートコウィアクも監督がこれが初めてということで、やや全体に大作りで統一性に欠ける感じもします。
(マジな部分とコメディタッチな部分が極端に交錯しすぎだし...)
でも、部品部品を取ってみれば大したモノ。
スタイリッシュなオープニング。
意外としっかりと書き込まれた展開。
ジェットのアクションもなかなか。
でもさー。ジェット・リーって基本的にワイヤー使わない方が格好良くない?
だって4回も武術大会で中国一の座に輝いた男だぜぇ。しなやかな体から生み出されるアクションはそれだけで芸術でしょ。
素材が良い食べ物には変に調味料を使わない方が良いってのと同じ事。

...とまあ、文句は垂れてみたものの、やっぱりアクションシーンは見物。
特にアパート階段から外に出るまでの乱戦や、倉庫でのホース・アクションはホント、楽しめます。
(ぢぇみにはこのシーンだけDVDで繰り返し見ました。)
この辺り、正統派カンフーっぽい動きで好きだわー。
悪いけど、セリフだけ格好良くて、あとは鉄砲打ちまくりぃぐらいしか能のない白人スターにはこんな見せ場は作れません。
実際、「リーサルウェポン4」での結末は、メル・ギブソンの事を「卑怯だ!!」って思ったもんね。オイラは。

それに、途中で見せるジェットの銃に対するこだわりが良いっすね。
敵から取り上げた拳銃を、タマだけ抜いてゴミ箱に捨てちゃうんです。
素晴らしい。
鉄砲もちゃ、誰だって強いもんね。強い男の条件は、そんなおもちゃを振り回さないってことだね。うん。
そしてジェット・リーの格好良さは「キス・オブ・ザ・ドラゴン」に続く訳だけど、それはまたの講釈で...

ところで、「ROMEO MUST DIE」ってのは劇中にも出てくるセリフなんだけど、これは訳すのが難しいだろうなー。
ジェットに向かって悪役が拳銃を突きつけながら吐くセリフで、「色男(ロミオ)は死ね!!」っとか訳してたけど、直訳っぽく「ロミオは死ななきゃならねーんだよ!!」ってした方が良いかもしんない。
「テメェはロミオとジュリエットを演じてるつもりかもしらねぇが、ロミオってのは最後には死んじまうんだよ、バーカ。テメェもロミオみたく死ねっ!!」
ってのが悪役の心境だからね。ってホントにこう書くとくどいしなぁ。

最後に、ヒロイン役のアリーヤですが、この作品の撮影後「マトリックス2」(後に、「マトリックス リローデッド」と名称が判明)への出演が決まっていたにもかかわらず、飛行機事故で22歳の人生を終えてしまいました。
歌手として、役者として、これからもっと油ののる時期であったと思われるだけに、残念で仕方がありません。
original text:2002/09/22

[PR]
by jemini-x | 2004-09-02 21:32 | 0011~0020
<< 0015.音・耳・脳...そし... 0013.実験...か? -女... >>