"Project Jemini" ロゴをクリックすると ホームページ"Project Jemini"に、
"ぢぇみにのFreeTalk" 及び URL をクリックすると本Blogトップにジャンプします。


映画・書籍などをもろもろと...
by jemini-x
■ Calender ■
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

■ Jemini's Page ■
0010.あ、寝ちゃった -StarWars Episode2-
スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ISBN : B000066I57
スコア選択: ※※※

ううむ、ちょっと、今回は手厳しくいきましょう。
と言っても、決してこの作品が駄作って訳じゃありません。
下手な一般作品に比べると、遙か上のレベルにある作品であることは間違いないです。
ただ、厳しい目で見られるのは人気映画の宿命って奴ですね。うむ。

正式なタイトルは、「スターウォーズ エピソードⅡ クローンの攻撃」(STAE WARS EPISODE II ATTACK OF THE CLONES)
(しかし、何で「エピソードⅠ」のサブタイトルだけ「見えざる驚異」って日本語訳されないの?)
監督は言うまでもなくジョージ・ルーカス。
主演ヘイデン・クリステンセン / ユアン・マクレガー。

混迷を増す共和国の情勢の中で、パドメ・アミダラ議員の暗殺未遂事件に関わってゆくジェダイ達の物語。

今回は「帝国」誕生の源流となる話が語られるとあって、かなりエピソードⅣ以降へのつながりを意識してます。
パドメ(エピソードⅠでアミダラ女王で通ってたから、ややこしいの何のって...)のコスチュームにも、レイア姫を意識したモノがあったり、エピソードⅣの賞金稼ぎの子供時代が出てきていたり、クローン軍の装備がストーム・トゥルーパ(帝国軍兵)の原型となっていたり...
まあ、ファンサービスは充分。

問題は、ストーリー。
やっぱり、「未来」を背負って進行していく「現在」ってのは無理があるし、面白く無いんだよなー。
どんな形であれ、「パドメ・アミダラとアナキン・スカイウォーカーが結ばれる」ってのが周知化した事実になっちゃってるから、「この2人はこの先どうなるんだろう?」ってドキドキ感がない。
後にダース・ベーダーになるって事が分かっているから、アナキンの性格が屈折していても「あ、そう」ってな感じになる。
(アナキンの母親がさらわれたって話で、すぐにその結末が予測できたもんなー。で、そこで寝てしまった。1分程だけど。)
現実の世界でもそうだけど、「未来」を知るって事はあんまり人生を楽しくさせない。
「何があるか分からない」そこに不安はあるんだけれど、だからこそ無限の可能性があって面白いんだよね。
っていうのは、「占い」だの「運命論」だのの話が嫌いなオイラの持論。
少なくとも、その持論を無視して観れるほどのパワーが無かったな。

逆に「未来」を知っているからこそ、「おいおい、そうかぁ?」と思ったのがアナキンの屈折の仕方。
自我が強すぎるんだよな。
真面目さにも欠けるところがある。
アナキンの将来の姿であるダース・ベーダーって「皇帝」への絶対的な忠心を誓うある種の超くそまじめ男に思える。
確かにダース・ベーダーは絶対的な悪の象徴なんだけど、そこにはただ「帝国」に仕える者としての義務感があるだけのようにも見える。
少なくともジャバ・ザ・ハット(スターウォーズで暗黒街の顔役となっている宇宙人)のように美女をはべらせ、殺人を楽しむタイプではない。
だから、アナキンもクソ真面目な方が良いと思う。
超クソ真面目に生きてきた青年が、何かの事件をきっかけに信念が崩壊し、暴走していった...
それが、ダースベーダーの姿じゃ無いだろうか?

まあ、ちょっとばかしファンとして愚痴らせてもらったけど、基本的にはいい映画ですよ。
最後のアナキンVSドューク伯爵の一騎打ちは見物。暗闇に光る2本のライトセーバーは幻想的な映像美を醸し出していました。
直後のヨーダVSドューク伯爵も良いね。かなり笑える。
ヨーダファンのぢぇみにとしては、もうちょっと余裕をもって戦って欲しかったところだけど...
(あと、CGになってヨーダの顔が不細工になったと思うのはオイラだけ?パペットの時の可愛さが無くなったような...)
original text:2002/07/21

[PR]
by jemini-x | 2004-09-02 00:04 | 0001~0010
<< 0011.四角い恐怖へようこそ... 0009.走り抜ける青春 -奪取- >>