"Project Jemini" ロゴをクリックすると ホームページ"Project Jemini"に、
"ぢぇみにのFreeTalk" 及び URL をクリックすると本Blogトップにジャンプします。


映画・書籍などをもろもろと...
by jemini-x
■ Calender ■
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

■ Jemini's Page ■
0003. 「助け船」売って!! -ないもの、あります-
ないもの、あります
クラフト・エヴィング商會 / 筑摩書房
ISBN : 4480873325
スコア選択: ※※※※※

今回は趣向を変えてブックレビュー!!
...ってことで「ないもの、あります」(クラフト・エヴィング商会 著 筑摩書房)をご紹介。

「よく耳にはするけれど、一度としてその現物を見たことがない」この本はそんな商品のカタログ。
「ころばぬ先の杖」だの、「左うちわ」だの、「堪忍袋の緒」だの...まあ、そんな商品をイラスト付きで紹介するわけで...
著者は一体何を考えてんだ???

と言っても、かなり著者は意地の悪い人のようで、この紹介文がまた面白い。
ネタばれになるので多くは書けないけど、たとえば「左うちわ」。
購入の際には「平家物語」の冒頭を暗唱しなければならないとか...意味は、解りますね?

そんなちょっと辛口の文章が続く訳だけど、それがヤらしくないのがこの本の良いところ。
最近「毒舌」がウリみたいなタレントが何人かいるけど、大概は「口が悪い」だけの奴らが多いっすよね。
それに対して、この本の辛口の文章の裏には「深慮遠謀」って奴がある。
「毒は使いようによっては薬にもなる」ってよく言いません?
この本の「毒」も、あなたがどう取り込むかによっては「薬」に変わること請けあいです。

装丁もなかなかGOOD。無印良品のように素朴で、飾り気のないデザインが逆に目を引きます。
...と思っていたら、著者はデザイン面でも活躍している人で、2001年に講談社出版文化賞・ブックデザイン賞を受賞したこともあるとか。

納得。

そーいえば、「地獄耳」はこの本にあったのに、「毒舌」は無かったなー。
他にもありそうだな。見つかったら、「ぢぇみにのBLOG」にでも載せようか?
original text:2002/06/18

[PR]
by jemini-x | 2004-09-01 22:57 | 0001~0010
<< 0004. カメラはいつセット... 0002. ダーウィンの憂鬱?... >>